略歴

植田恵子( Ueda Keiko )

同志社女子大学 学芸学部 音楽学科 卒業
同大学 < 頌啓会 > 特別専修生修了後 渡仏

パリ・エコール・ノルマル音楽院 フルート科 室内楽科 卒業
同音楽院フルート科 高等演奏家資格 を 審査員全員一致で得る。

フランス国立ブール・ラ・レーヌ音楽院 卒業

こぼれ話・コラム

93、94年パリ、95年東京、
97、02、05、10、13年 ザ・フェニックスホール にて リサイタル開催
※02年のリサイタルに対し、大阪文化祭奨励賞 受賞

パリUFAM国際コンクール 1位次席
日本フルートコンヴェンションコンクール アンサンブル部門 金賞
他国内外のコンクール にて 入賞

2017年度 音楽クリティッククラブ賞 奨励賞
室内楽グループ「 アフターアワーズ セッション 」のメンバーとして

チェコのソリスト・ディ・プラガ、カルロヴィヴァリ管弦楽団、大阪交響楽団、
関西フィルハーモニー、モーツァルト管弦楽団、テレ マン室内楽団の協奏曲のソリストを務める。

フルートを 長山慶子、伊藤公一,待永望、清水信貴、
クリスチャン・ラルデ、 イダ・リベラ、ジャン=ルー・グレゴアールの各氏に師事。

室内楽を黒岩義臣、ミカエル・アンツの各氏に師事。

室内楽グループ『 アフターアワーズセッション 』 メンバー
フルートカルテット『 Opus19.5 』 メンバー
ユニバーサルフルートオーケストラ ジャパン 』 会長、コンサートマスター
京都ノートルダム女子大学 音楽個人レッスン講師
日本フルート協会 代議員
枚方演奏家協会 会員


主な活動歴


★リサイタル

1990年 京都 バロックサール
1991年 パリ サルトー、パリ ナップルホール
1992年 パリ サル コルトー 、パリ郊外 ブール ラ レーヌ音楽院ホール
1993年 パリ サル コルトー
1994年 パリ サル コルトー 、パリ郊外 ブール ラ レーヌ音楽院ホール
1995年 東京 新宿文化センター
1997年 大阪 ザ フェニックスホール
2002年 大阪 ザ フェニックスホール
2003年 大阪 いずみホール 大阪文化祭賞 奨励賞受賞記念リサイタル
2005年 大阪 ザ フェニックスホール
2010年 大阪 ザ フェニックスホール
2013年 大阪 ザ フェニックスホール
2015年 大阪 ザ フェニックスホール

★オーケストラとの共演
(コンチェルトのソリストとして)

1995年 京都 アルティ、
チェコの室内オーケストラ(モーツァルト フルートとハープのための協奏曲)

1995年 チェコ カルロヴィバリ オーケストラ(モーツァルト フルート協奏曲 第1番)
1995年 大阪 いずみホール、関西フィルハーモニー管弦楽団(ライネッケ フルート協奏曲)
1999年 大阪 いずみホール、
大阪シンホォニカー管弦楽団(ダマーズ フルート協奏曲)、オーケストラ伴奏では日本初演

2004年 大阪 いずみホール、
モーツァルト室内楽管弦楽団(バッハ ブランデンブルク協奏曲 第5番)

2007年 大阪 枚方市民会館、
テレマン室内管弦楽団(ヴィヴァルディ フルート協奏曲「ごしきひわ」、バッハ 管弦楽組曲第2番)

2013年 大阪 吹田メイシアター、
アンサンブル コスモリバティ(モーツァルト フルート協奏曲 第2番)

★室内楽グループ アフターアワーズセッション メンバーとして、

ジョージア トビリシ
大阪 ザ フェニックスホール
ムラマツ リサイタルホール
などで年に数回のペースで出演

★フルートカルテット Opus19.5 メンバーとして、

東京、名古屋、大阪で2016年より毎年のペースで出演

★ユニバーサル フルートオーケストラJAPAN コンサートマスター として、

大阪 いずみホール
常翔ホール
パリ、ジュネーブで演奏